お問い合わせ
SCROLL
九州の新たな観光スポットとして、流行に敏感な女性たちから人気急上昇中の注目スポット・長崎県波佐見町を紹介します。

波佐見町は、「波佐見焼」という陶器で有名な地域として有名ですが、
その特徴は、「モダンデザイン」と手ごろな「価格帯」で、
オシャレかつ、普段使いに最適化された商品がそろっています。

町には、昔ながらの窯元が点在する地域と、
窯元の跡地を利用して新たに開発された、モダンなショップが居並ぶ地域があり、
平日でも、流行に敏感な若い女性が集う「インスタ映えスポット」として発展中です。

その波佐見町は、福岡から車で1時間30分程度の場所に位置しています。
当WEBサイトでは、1泊2日のコースで紹介していますが、
お時間の無い方は、十分、日帰りでも楽しむことができます。
是非、参考にしてください!
九州の新たな観光スポットとして、流行に敏感な女性たちから人気急上昇中の注目スポット・長崎県波佐見町を紹介します。

波佐見町は、「波佐見焼」という陶器で有名な地域として有名ですが、その特徴は、「モダンデザイン」と手ごろな「価格帯」で、オシャレかつ、普段使いに最適化された商品がそろっています。

町には、昔ながらの窯元が点在する地域と、窯元の跡地を利用して新たに開発された、モダンなショップが居並ぶ地域があり、平日でも、流行に敏感な若い女性が集う「インスタ映えスポット」として発展中です。

その波佐見町は、福岡から車で1時間30分程度の場所に位置しています。
当WEBサイトでは、1泊2日のコースで紹介していますが、お時間の無い方は、十分、日帰りでも楽しむことができます。
是非、参考にしてください!
エリア紹介
波佐見町

長崎県のほぼ中央、東彼杵郡北部の内陸部に位置し、長崎県内で海に面していない唯一の町。

  • 一日目
  • 二日目
- 波佐見町(波佐見焼)について -
【波佐見町について】
人口は、約15,000人、400年の伝統をもつ全国屈指の「やきものの町」として栄えてきた。日本国内の一般家庭で使われている日用食器の約13%は波佐見町で生産されたものと言われている。町内には陶磁器に関する約400の事業所があり、町内の約2,000人が窯業関係の仕事にたずさわっている。
【波佐見焼の歴史】
世界的には、有田焼が有名ですが、実は、波佐見焼も有田焼の有田町に隣接する窯業の町として、栄えてきた。
しかし、近年は、自らの波佐見焼ブランドを発信し、有田焼との差別化を図っている。
その違いは、「波佐見焼がシンプルさと変化を求め続けるのに対し、有田焼は伝統と格式を重んじ続けてきた。」といえる。
共に400年の歴史と伝統を持ち、同じ積出港から出荷され、江戸期は伊万里焼、明治以降は有田焼の名前で流通してきた。その後、それぞれの藩の違いによりやきものづくりの価値観に違いが生まれてきた。
有田は佐賀鍋島藩の御用窯として栄え、柿右衛門に代表されるような赤絵が施された繊細な絵付けの器を生みだし、藩は各窯元の独自性を大切にしてきた。
それに対し、波佐見は大村藩のもと、巨大な登り窯に代表されるような共同で量産できるためのデザイン、絵付けがなされ、分業による生産が行われてきた。
その違いは2つの町の価値観の違いに繋がっており、古いものを受け継いでいる有田と、時代に合わせて変化し続ける波佐見の文化の違いは、街並みや祭り、イベントに至るまで大きな違いとなって表れている。
  • 一日目
  • 二日目
ページトップへ